FC2ブログ
音楽と酒とMTGが大好きないち若者の日記

音とビールとマジックと

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
Necropotence
久々の更新です。
今回は、友達のリクエストで、このカードを評価します。

Necropotence


Necropotence / ネクロポーテンス (黒)(黒)(黒)
エンチャント
あなたのドロー・ステップを飛ばす。
あなたがカードを捨てる場合、代わりにそのカードをゲームから取り除く。
1点のライフを支払う:あなたのライブラリーの一番上のカードを裏向きのままゲームから取り除く。あなたのターンの終了時に、そのカードをあなたの手札に加える。

MTGにおいて、対戦相手よりもより多くカードを引けるということは、それだけ勝利に繋がるというのはプレイヤーの皆さんはご存知の通りかと思います。
しかし、このカードは自分のドローステップを飛ばし、1ライフを支払う事によって1ドローを実現させるカードです。

MTGビギナーの方は「1ドローによって自分の死が1歩近づくのではないか」と思い、このカードを敬遠しがちかと思われます。

しかし、「ライフをリソースにしてでもより多くドローをし、勝利に繋げたい」と割り切るならば、これ以上のカードアドバンテージをもたらしてくれるカードはありません。

MTGは自分のライフが1になっても「これは負けた」と思えるゲームではありません。
自分のライフが1になっても局面が大きく変わる場面があるので、このカードは未知の可能性を秘めています。

もっとも、赤相手には困り果てるかもしれませんがorz
スポンサーサイト
| MTG | 04:20 | トラックバック:0コメント:0
買っちゃった!
池袋のアメニティーで5490円出して買いました!
The Abyss

レジェンドの『The Abyss』のイタリア語版です。
イタリア語だと『L'Abisso』です。
「Durante la propria fase di
mantenimento,ogni giocatore
deve seppellire una creatura
bersaglio non artefatto che si trova
sotto il proprio controllo. La carta
non ha effetto per i giocatori che
non hanno creature sotto il proprio
controllo.」

さっぱり分かりません。
ただ、ワールドエンチャントの事をイタリアでは
Incanta Mondoって言うみたいですね。
絵が非常にカッコイイ。
| MTG | 02:45 | トラックバック:0コメント:0
Haunting Echoes
今回のカードはこちらです。
Haunting Echoes

Haunting Echoes / 消えないこだま (3)(黒)(黒)
ソーサリー
プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーの墓地にある、基本土地カード以外のすべてのカードをゲームから取り除く。そのプレイヤーのライブラリーから、この方法で取り除かれたカードと同じ名前のカードをすべて探し、それらをゲームから取り除く。その後、そのプレイヤーは自分のライブラリーを切り直す。

カードアドバンテージって普通、1対1交換とか、1対2交換とかでしょ?それでうまい具合にバランスが取れてるワケですよね?


なにこれ。


プレイヤー1人の墓地にある基本地形以外のカード全部+そのプレイヤーのライブラリーの中にある、墓地にあった基本地形以外のカード全部リムーブって...。
下手すると1対20~30交換されちゃうわけです。
リアニメイトデッキにこれ打ったらさぞ楽しいことでしょう。
いや、全然楽しくない(やられた側は)。
石臼とか、腐肉クワガタって何だったんでしょうね...(;ω;)ブワッ
| MTG | 04:21 | トラックバック:0コメント:1
梅澤の十手
今回のカードはこちらです。
梅澤の十手

Umezawa's Jitte / 梅澤の十手 (2)
伝説のアーティファクト ― 装備品(Equipment)
装備しているクリーチャーが戦闘ダメージを与えるたび、梅澤の十手の上に蓄積(charge)カウンターを2個置く。
梅澤の十手から蓄積カウンターを1個取り除く:以下の3つから1つを選ぶ。「装備しているクリーチャーは、ターン終了時まで+2/+2の修整を受ける」「クリーチャー1体を対象とする。それはターン終了時まで-1/-1の修整を受ける」「あなたは2点のライフを得る」
装備(2)

なんですかこれは。
パンプアップ兼、除去兼、ライフゲインをこれ1枚で実現させてしまいます。
てか、何で1回で乗るカウンターが1個じゃなくて2個なんでしょう?
正直、相手にこいつを出されたらかなり萎えてしまいます...。
青使いの皆様、こいつを出そうとした無法者がいたら是非カウンターして下さい...。
| MTG | 06:39 | トラックバック:1コメント:0
Medding Mage
今回のカードは僕の友達が好きなこのカードです。
Medding Mage

Meddling Mage / 翻弄する魔道士 (白)(青)
クリーチャー ― ウィザード(Wizard)
翻弄する魔道士が場に出るに際し、土地でないカード名を1つ指定する。
指定されたカードはプレイできない。
2/2

2マナ2/2で普通に強いです。そして能力が分かりやすくぶっ飛んでます。
対パララクス補充、対リス対立、対ネクロとかにこれが出ちゃったら相手は絶望するんじゃないでしょうか。
なんとかして除去したいところですが、こいつのマナ・コストに青が絡んでる事から除去も難しくなってくるんじゃないでしょうか。
こいつ1枚で相手に与えるブラフはすごいですね。
| MTG | 21:32 | トラックバック:0コメント:0
| ホーム | 次ページ

プロフィール

おけけ

Author:おけけ
終わり無きフリーターです。
音楽と酒がなきゃ生きていけません。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ACCESS

カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。